ARTIST BLOG

2009/08/31
2009.8.31


みなさん こんにちは。
おげんきですか?
Tシャツ一枚で一日を過ごすには
肌寒さをおぼえる季節になりましたね。

夏の暑さに耐えようとする身体が
夜に漂う秋の気配に、油断を始めます。

油断をする私の身体には、ワインがしっくりくるようで
昨日も随分、赤い方を呑んでしまいました。

28日は池上本門寺にて、自分にとってはこの夏最後のライブイベントがありました。
伝統ある場所で音楽を愛する
大人のオーディエンスとすごした素敵な夜でした。

そのあと、ライブメンバーとの打ち上げで、
夜中にシガーバーへいきました。

はまきを楽しむバーです。
常連、ではありません。はじめていきました。

ギターリストの古川昌義さんに楽しみ方を教わりますが、
仕方がとても難しい。
でもテラスでモヒートをのみながら
けむりのかおりや味わいを探す、そんなひと時は
今の季節に似合っていて素敵でした。

と、思い出すことがあります。

いつか父から言われた言葉を。
私が育った家を出る時のこと。
父によれば、人間には、
「しないほうがいい3つの貧乏というものがある」そうです。

ひとつは金貧乏。ふたつめに色貧乏。三つ目に人貧乏、だそうです。

ひとつめはいうまでもなくお金がないことで。
ふたつめの色貧乏とは感性の貧しさをあらわし、
最後の人貧乏は、人とのつながりの乏しさをあらわすそうです。

しかし彼は「このうち、金貧乏はなんとかなるんだ」と笑って言いました。
「これは(金貧乏)なんとかなる」
石原都知事のように話す時はまばたきが多い。
しみじみと数回つぶやいたあとに、こう言います。
ただしふたつ目とみっつ目の貧乏は絶対にしちゃいけないんだ、と。
「とくに3つ目の貧乏は、これは絶対にしちゃいけない」とも。

季節を感じることを楽しむこと。
人とのつながりを大切にすること。

私が父から頂いた、美意識のひとつです。

みなさんにも きっと
素敵な秋が おとずれますように。

さりゅ。

from Salyu

back to ARTIST BLOG TOP