ARTIST BLOG

2011/08/02
2011.8.2
7月下旬は肌寒い日が続いた。
ap bank fes11で浴びた灼熱の日差しが嘘のように。
8月はどうだろうか。
子供の頃なら夏と言えば猛練習だった。
何のって歌のだ。
昔所属していた合唱団は通常
水曜と日曜の週二回が、稽古のサイクルだった。
それが夏休みにはいると毎日のように練習場が開放される。
それに加え5泊6日の山中湖合宿という恒例のイベントもあった。
合宿では大勢の団員で寝食を共にしながら、より長時間稽古に励む。
当然のように団員の全員が喉を枯らさずに歌い続ける事ができる。
それは6時間、いやそれ以上の長さだ。
長い時間、歌い続けることのできる歌手が希有な存在であると知ったのは
このポップスの庭に足を踏み入れてからの事である。
今でもよく「そんなに歌って喉が疲れないの?」
と、そういう事を聞かれることがあるが
「喉が疲れる」という言葉を初めて聞いた時
なんだかヒドく気味の悪い感じがしたものだ。
喉が疲労する、そのいきさつについて
何一つイメージできなかったからだろう。
肉体と同じように、喉にさえも疲労を覚える時が

私にもいつか来るだろうか。
しかし枯れた喉で歌うのも今なら楽しそうに思える。
30歳、8月。
私には、今もたくさんの課題曲がある。
誰かが「歌って」と言ってくれるから。
さあ恒例の夏フェスへ向け、間もなくリハーサルがスタート。
歌う日常。それは昔から変わらずに在る、私の夏の象徴。

from Salyu

back to ARTIST BLOG TOP