ARTIST BLOG

2008/08/21
2008.8.21


新しくなった新宿ピカデリーの受付で座席の予約を終えてから
上映まで40分ほど時間があったので、伊勢丹会館の一階奥にあるコーヒー屋さんへ行く。
私はここのオレンジフラッペが大好きで、新宿内で疲れるとよく入る。
30分ほど時間をつぶしてからピカデリーへもどった。

「ダークナイト」を観にきた。超おもしろかった。素晴らしかった。
映画館でみれてほんとよかった。

ストーリーには二人の天才が登場する。
一方は正義の、もう一方は悪の天才。
対極に位置する二つの才能が衝突する。
どっちの天才も凄く魅力的で、善と悪、そのどちら共に共感してしまう。
悪に共感するなんて発言は女性として少々過激な感じがするけど
最終的に作品を通じて私はこんなことを感じとっていた。
人の「生命力」にも様々に「質」というものがあると。
情熱にも、孤独にも、権力にも、インテリジェンスに「質」ってものがあるんだなと。
善し悪しってあるんだなと。
パワーは強弱でなく質で計る。ダークナイトから学んだ教訓だ。
また、悪の象徴「ジョーカー」役のヒースレジャーの表現には本当に感動した。
本当に素晴らしい。

この夏は「考えさせられる」映画にたくさん出会っている。
先週観に行った「崖の上のポニョ」。
最高だった。人間、生命のたくましさを切実に描いている。
宿命とは、与えられる事ではなく自らが勝ち取っていくもの...
そういうメッセージがあった。
7月中旬にみた「スピードレーサー」も面白かった。
真のヒーローってどんなことなのか。そんなことを考えさせられる作品。
自分への、そしてそのアイデンティティーへの揺るぎない誇りと尊敬がこそが、
自身の意識革命への道標であることを描いていた。


追伸☆
ばたばたしていて更新が遅くなってしまってごめんなさい。
もう少しフロムサリュの更新を増やそうか検討してます。
とりあえず次回はきちんと29日に更新するね~

from Salyu

back to ARTIST BLOG TOP